サクラマス レストレーション

 サクラマスはヤマメの降海型で、その生息域は本流だけではなく源流からそして海へと
広範囲に及びます。特に環境に対してデリケートな生き物で、サクラマスが生きていける
川は、他の生き物にとっても良い川だと考えます。昔から命を繋いできた生き物が、
今も生きる川こそ「尊い川」なのではないでしょうか。

 サクラマス・レストレーションは、九頭竜川水系においてサクラマスを河川環境の指標
とする活動グループで、全国から九頭竜川に足を運ぶ熱き想いのフライフィッシャー達が
活動の中心となっています。代表の安田龍司(名古屋市)は、1980年代より九頭竜川
に通い、その環境の変化を間近に見つめてきました。また2003年より、上流の数々の
支流に足を運び、サクラマスの自然産卵・自然繁殖がどのくらい成されているのか、
調査を開始しました。
 2007年、NHKの本道純一カメラマンが撮影した、永平寺川でのサクラマスの
産卵シーンがきっかけとなり、翌年サクラマス・レストレーションは結成されます。
その映像は、感動と同時に様々な問題を私たちに提起してくれました。
そして最初に取り組んだのが、サクラマスの産卵場の造成でした。

 日本においてほとんどの河川がそうであるように、九頭竜川においても、サクラマスが
本来産卵するべき支流の上流へは、障害物が多くなかなか辿り着けません。また流量の
減少、深淵や伏流水の消失は、夏を河川で越さなければならないサクラマスにとっては、
高水温で非常に厳しい生息環境となっています。たとえ産卵が成就したとしても、その
川床は土砂の堆積で硬くしまり、卵や仔魚たちが成育できる環境ではないのです。

 そのためサクラマスを絶やさないようにと、管轄の漁協によって稚魚の放流が行われ
てきました。私たちは放流する稚魚も、九頭竜川固有の遺伝子を受け継いだものである
べきだと考えています。他の河川由来の稚魚を放流することは、人間本位の手法に過ぎず
逆に減らしてしまうことにもつながります。

 私たちは、行政、漁協、研究機関、地域住民、メディアの皆さんたちと連携を深めながら、
できるだけ多くの子ども達が参加できる活動を目指しています。
そして、「多様な命の宿る日本の川」の再生への取り組みが、あちらこちらに伝播して
いくことを願って止みません。
代  表 : 安田 龍司 (愛知県 名古屋市)
事務局 : 天谷 菜海 (福井県 永平寺町) このブログを管理・記載しています。
      nami@amaya.ac.jp