もうすぐ本解禁ですね。

   2月16日(土)いよいよ今年も、サクラマス釣りが本解禁となります。高速道路の上流にも、また釣り人たちの姿が見られるようになりますね。サクラマスレストレーションの活動も、何かと慌しくなってきます。代表の安田龍司さんは、仲間達との意思疎通に余念がありません。

 そんな中、先日は国土交通省に招かれて、九頭竜川鳴鹿大堰意見交換会に出席しました。安田代表の話を関係者の皆さんに、興味深く熱心に聞いていただけたと思います。
 できるだけ多くの、様々な立場の人たちと会って話しをして心を通わせることは、私たちサクラマスレストレーションが、活動の中で最も大切にしていることです。
 ブログにはいちいち書いてはいませんが、安田代表がこなしてきた漁協や行政、研究機関との「会議」や「打ち合わせ」の数々、それに費やした時間は膨大なものなのです。 

 私の方はというと、作成した資料や文書、取材に応じた新聞記事や番組などの記録が膨大になってきました。 『鱒の森』 新春号では、つり人社のフライフィッシャー編集長である八木健介さんの御高配で記事を書かせていただいています。釣りもしない私が釣り雑誌に書かせてもらった記事の数々・・・。改めて順に読み返してみると、それは紛れもなく活動の軌跡であり、よくここまで来たものだと我ながら感慨もひとしおです。


13-2-16



NHK総合 金とく 北陸スペシャル 『川へおいでよ 〜九頭竜川物語〜』

サクラマス・レストレーションが出演するの番組のお知らせです。


2012年 3月 2日(金) 午後 8:00 〜  8:43

再放送  3月17日(土) 午前10:05 〜 10:48

NHK総合 金とく  福井、石川、富山で放送

『川へおいでよ 〜九頭竜川物語〜』


帰ってこい!ふるさとの川へ 〜九頭竜川物語 サクラマス編〜
昨年の番組、本当に心温まるほのぼのとしたものでしたね〜。
こちらの番組は、アースビジョン第20回地球環境映画祭
子どもアースビジョン賞を受賞されました。
3月18日には、東京で上映会と表彰式があるそうです!!おめでとうございます!!
http://www.earth-vision.jp/
http://www.earth-vision.jp/14-03mainfestival-j.htm

 そして昨年に引き続き今回も三木信哉ディレクター本道純一カメラマンのゴールデンコンビが織りなす番組で、タレントの中本賢さん出演されています。中本さんのナレーションは、きっと生きものたちがキラキラと輝くステキな世界に連れて行ってくれるに違いありません。
楽しみですね〜。まだ見ていないのに、涙が出そうになってきました。


今度は全国放送です!!

本道さん、三木さん、坂本さん、NHKスタッフの皆さん、素敵な番組をありがとう!!

大反響です!!「出てましたね〜」「見ましたよ〜」の後に、「よかったです!!」「感動しました!!」「泣きました!!」 皆さん感想を熱くお話ししてくれます。本当に心温まる素敵な番組でしたね〜。

さて、今度は全国放送です。まだご覧になってない方は是非ご覧ください。

NHK BShi
3月15日(火) 午前 9:00〜9:45
3月24日(木) 午前 2:05〜2:50(再)
『帰ってこい!ふるさとの川へ 〜九頭竜川物語2 サクラマス編〜
 昨年、一昨年の産卵場造成の様子もご覧になれますよ〜 

NHK総合 
3月6日(日)11:35〜
 「三つのたまご あなたの街のNHK」
 ロケの様子などが放送されますよ〜

NHK総合 金とく 北陸スペシャル 『サクラマスが戻る日まで』

2月25日(金) 20:00〜20:43

NHK総合 金とく 北陸スペシャル  福井&富山で放送

『帰ってこい!ふるさとの川へ 〜九頭竜川物語2 サクラマス編〜』 

   再放送 
2月26日(土) 10:35〜

* 2月23日(水)7:45〜8:00のニュースの時間内で、5分程の
縮小版が放送されます。こちらは東海・北陸でご覧になれます!!


本道カメラマンはじめNHKスタッフの皆さんの、汗と涙と鼻水の結晶です!!
是非ご覧ください!!

2月早々に永平寺川で稚魚探し開始。11-2-6-1


盗撮?の秘密兵器の登場です。
11-2-6-2


2月11日 第2魚道の上でサクラマスの稚魚を発見!!
11-2-11-1


11-2-11-2


番組に出演するタレントの中本賢さんと本道さんクルーの皆さん総勢10名で、撮影の合間を縫ってサニーサイドにお昼を食べに来てくれました。
この日は久しぶりに青空が広がり、気持ちの良い一日でした。この番組のために空撮用ヘリコプターも飛んでいました。きっと雪の九頭竜川の、美しい絵が撮れているのでしょうね〜。

11-2-16

中本賢さんのホームページ  「多摩川クラブ」
http://homepage3.nifty.com/gasagasa/

一緒に何か活動ができるといいですね〜。

40年ぶり、50年ぶりと大騒ぎに!!

◎ 福井新聞の記者さんで、特に私達の活動のことを良く理解して下さっている奥田康一郎さんに、遡上のことを報告したところ、すぐに腕利きのカメラマンさんを2人も同行して取材に来てくれました。奥田さんが取り上げて下さるといつも大きくて驚きですが、今回は社会面に!!この記事は、相当な影響力があったみたいです。

10-11-11 


◎ こしの国ケーブルテレビさんが、サクラマスの遡上と地元の人達の様子、私達の活動を織り交ぜて、30分の番組を作りました。安田さんと編集室に入れてもらい、直接制作のアドバイスもさせてもらいました。タイトルは、「ふるさとの川にサクラマスが帰って来た〜50年ぶりの再会〜」。この後、全国のケーブルTVの番組のコンクールで、最優秀賞を取ったそうです。子ども達の驚きの様子、年輩者の方達の温かい笑顔、とても生き生きと捉え、サクラマス産卵の瞬間も担当の河合さん御自身が撮影に成功されています。

◎ 東京から来られていた釣り雑誌の記者さん&著名なアングラーさん、FBCラジオさん、FM福井さん&福楽さん・・・私のもとへ次々と・・・。

◎ 永平寺町議会でも、代表質問で、永平寺川の魚道のことが話題に・・・。

◎ 日刊県民福井には、一面トップでこんな記事が・・・。

10-12-18

今度は全国放送です!!

永平寺川の番組が、今度は全国放送になるそうです!!

NHK総合 お元気ですか日本列島
2010年12月6日(月) 
pm2:05〜pm2:54 番組中 
本道カメラマンもスタジオから生出演だそうです!!

http://www.nhk.or.jp/program/ogenki/

皆さん、是非ご覧下さい。サケとサクラマスの産卵の瞬間が、水中映像でご覧いただけます。今シーズン、本道さんが苦労の末、捉えることに成功した大迫力の最新映像です!!
私は、悪天候の中、濁った永平寺川で戯れるサケのペアの映像が、かなり気に入っています!!サケってサクラマスに比べると、やっぱり存在感あるなぁ〜。
番組には、レストレーション代表の安田龍司さんも出演しています。


遡上調査結果は、本業が忙しくなかなかアップできませんが、忘れてはいませんので・・・・・。


NHK総合 東海北陸エリアで永平寺川の様子が放送されます!!

永平寺川は、サクラマスの産卵がピークを終えました。サケの方は、まだしばらくは続くようです。
「3号魚道上の行き止まりの堰〜熊野神社橋」間で、遡上したサクラマスとその産卵床の数は、昨年の10倍以上と見られ、只今観察記録をまとめている最中です。今年は、九頭竜川のサクラマスの回帰数が異常に多い年でしたが、支流の永平寺川は魚道3基の完成により、産卵できる場所が大幅に広がったわけです。これは滑り込みセーフとしかいいようのない「快挙」です!!

さて、そんな産卵期の様子と魚道完成に到るまでのドキュメントをひとくくりとして、近々放送されます。
皆さん、是非ご覧下さい。

NHK総合 静岡・愛知・岐阜・三重・富山・石川・福井
2010年11月16日(火) 
18:10〜19:00  番組中に5分程 (里海里山のシリーズ)


NHKエコチャンネルでは、本道さんが2007年に撮影した「サケ・サクラマスの産卵」を見ることができます。
このサクラマス産卵の映像こそが、私たちレストレーションの進むべき道を示してくれたものなのです。
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/program/detail.cgi?prgid=water

ブログの方も是非!!本道さんの心意気が感じられます。
http://www.nhk.or.jp/ecochan-blog/400/64543.html


福井県の広報誌「グラフふくい」6月号に大きく取り上げられました

10-7-29-1


10-7-29-2


 福井県が毎月発行している広報誌「グラフ福井」の6月号の中で、サクラマス・レストレーションが見開きで、大きく取り上げられました。「グラフ福井」は、県内のあちらこちらに配布されているので、多くの人達に私たちの活動のことを知っていただけたと思います。

 

環境省より表彰を受けました

 この度、サクラマス・レストレーションが、環境省より表彰を受けましたので、謹んでご報告いたします。ご推薦いただきました福井県 安全環境部 環境政策課の皆さん、永平寺町 環境課の皆さん、いつも何かとお気に掛けて下さって、本当にありがとうございます。
 2010年6月11日(金)には県庁にて伝達式があり、私が出席させていただきました。これからも、行政、地域住民、漁協、釣り人が協働する活動を、現場に立ちながら、続けていきたいと思っています。仲間のサクラマス・アングラーの皆さん、末永くお力添えをよろしくお願いいたします。

10-6-11

福井県知事と・・・

 永平寺川の魚道は、今月10日の完成に向けて、2基目、3基目の工事が進んでいます。また、次年度には4基目〜7基目の改修が決まっており、県の全体事業費として4000万円の予算が着いています。
 2010年5月24日(月) 西川一誠福井県知事が、魚道の視察に来られるということで、私も立ち会うことになりました。午後2時頃、2基目の現場に着くと、福井土木事務所の所長さん、漁協の組合長さん、遡上の会の小林さんはじめ、区長さんたちが集まっておられました。やがて、知事の車が到着。小雨降る中でしたが、小林さんがいつもの熱い口調でお話しを始めてくれたので助かりました。
 あまり時間がなかったのですが、知事から私に、「サクラマス釣りは男性が多いですか?」というご質問がありました。私は、「最近では、女性や子どもさん、ファミリーで来られる方も増えています」とお答えしました。
 30分ほどでしたが視察を終え、現場を後にされる時、知事が私に、「ますますサクラマスだね」と声を掛けて下さいました。

 その後、知事を追うようにして、私は永平寺町役場の車に乗せてもらい、隣町の坂井市へ向います。知事を囲んだ「福井県民の将来ビジョン 地区別意見交換会」に出席するためです。坂井市、永平寺町から各10名の代表者と、県会議員さん4名。内容は多岐にわたっていましたが、「環境」というところで、私は意見を述べさせていただくことができました。内容は、「サクラマス」と「サクラマス釣り」が、福井県にとっていかに大切なものであるか、利益をもたらすものであるか、将来に向けてどういった方向に進むべきか・・・ということ。そのために何をしたらよいかの具体策は、時間もないことと思い文書にまとめて持参し、帰り際に県の方にお渡ししてきました。特に、水産と土木の両面での事業の継続・発展をお願いしておきました。また「漁場の管理手法」についても、少し触れておきました。

 知事の予言通り、福井県は今、「ますますサクラマス」になりつつあります。


<< | 3/4PAGES | >>