今年も 『三国湊こどもエコスクール』 に紙芝居をしに行ってきました

 2010年7月26日(月) 年も『三国湊こどもエコスクール』に招かれて、紙芝居『ヤマちゃんとサクラちゃん』や、九頭竜川のお話をしに行ってきました。このエコスクールは、「三国湊魅力づくりプロジェクト」の事業のひとつで、毎年夏休みを利用し行われるもので、今年で5回目になります。
 1週間のプログラムで、三国の海を拠点にし子どもたちが、様々な自然体験をしますが、その中で「海・川・里・山のつながりを知ろう!」というテーマがあり、私は毎年、「海と川とを行き来する不思議な魚サクラマス」のお話をしに行っているのです。場所はその年によって違うのですが、今年は、子どたちは三国から電車に乗って、九頭竜川の上流、大野の柿ヶ島という場所でお泊りをしていて、私はそこへ出かけていきました。
 メインの紙芝居の後、ヤマメのウッド・カービングを使ってヒレの名前などを説明し、ヤマメやサクラマスは水温の低い場所が好きという話をしました。最後にみんなで川まで行って、水温を計ります。その時、三国でサーファーの方にも同時に水温を計ってもらい携帯電話で聞いて、比べてみるという試みです。今年は九頭竜川(岸際)が17.5℃、三国の海が28.5℃という大きな差がでました。

 ちょうどサクラマス・レストレーションの安田さんも、別件で漁協と県からの依頼の仕事があり九頭竜川に来ていたので、一緒に柿ヶ島に来ていただきました。写真を撮ってもらったり、いろいろ手伝ってもらって、今年はずいぶんと楽をさせていただきました〜。

三国湊魅力づくりプロジェクト
http://www.mikuni-minato.jp/

10-7-26-1


10-7-26-2


10-7-26-3


10-7-26-4


10-7-26-5


10-7-26-6


10-7-26-7