安田龍司さん、今年もご対面!!

  2月7日、九頭竜川のサクラマス釣りが解禁して最初の日曜日、安田龍司さん始め多くのフライ・フィッシャーの皆さんが、お見えになっていました。前日の夜に安田さんと松岡さんが到着されて、私のお店に来てくれましたが、準備物が・・・小さなネット、小さな水槽、箱メガネ・・・明日は朝一で・・・まさか永平寺川?
 日曜日は不思議に良いお天気になり、私は仕事で外に出たついでに水道局に立ち寄り、ちゃんと九頭竜川で釣りをしていたと思われる安田さんを確認。安心して、その場を後にしました。

10-2-7-1a

 しかし、その後、国道で、永平寺川方面に向かう安田さん御一行様の車数台とすれ違いました。釣りもそこそこに、みんなを引き連れて・・・やっぱり・・・。
 数時間後、まだ陽が高いのに安田さんが、お店にやってきました。さっきすれ違ったのは、ラーメン屋さんに行く途中だったそうで、その後、他の皆さんは九頭竜川に釣りに追いやって?ひとり永平寺川へ、サクラマスの仔魚探しに入ったらしいです。
 「いや〜泣きましたよ!!」・・・・って、永平寺川でいったい何があったの?

 去年は2月8日に永平寺川で、サクラマスの仔魚を、いきなり3匹タモですくって大騒ぎでした。今年は川に入り、ひとりで岸際を見て廻っていたところ、まるで安田さんを待っていたかのように、川底から1匹のサクラマスの仔魚が、浮いて現れたそうです。足元から逃げる様子もなく、素直に箱メガネにすくわれて、写真におさまってくれたと言います。その辺りで、他にも数匹を確認することができたということで、感動のあまり、ひとり永平寺川で涙したそうです。はい。それにしても、2年連続で・・・奇跡としか言いようがないですね!!

↓ 若干お腹の栄養の袋が残っています。
見つかった下流域は、浚渫も入り川床の様子から卵は育つ状況ではありませんから、
上流から流されてきたものと思われます。
10-2-7-2

↓ 見つけたのはこの辺り。去年の場所にも近いです。
産卵場を造った上流より、流れはかなり緩やかです。
10-2-7-3