サクラマス&サケのチビ達に会いに行ってきました

 飼育で大変お世話になっている福井県内水面総合センターに、サクラマスとサケの放流について打ち合わせに行ってきました。決定事項に関しては、後日こちらのブログでお知らせいたします。

 打ち合わせの後、飼育室に入れてもらって、チビたちに会ってきました。サケは約160尾、サクラマスは約190尾が、すくすくと育っています。
 サケは、複数の産卵床から採っているため、餌付けしたものから、まだ孵化していないものまでバラつきがありました。サクラマスは、全員兄弟ですから、ほぼ同じ様に成長しており、1月28日より餌付けが始まったとのことです。しかし、サケと比べて警戒心が強く、餌付くまでに数日かかったそうです。仔魚の時から、サケとサクラマスの性格の違いが出るのですね〜面白いですね!!見た感じも、形は似ていますが、サクラマスの方が茶色っぽい色でした。サケは、じきに銀色に輝き始めるのでしょうね〜。

 ↓ サクラマスの仔魚にエサを与える安田さん。自分たちで造った産卵場で産まれた仔魚だけに、感激もひとしおです。・・・で、安田さん、釣りは?・・・もう、九頭竜、解禁してますけど・・・。
10-2-2-1

↓ 安田さんからエサをもらって、嬉しそうに食べるサクラマスの仔魚。