福井県立大学「永平寺町学」講師に招かれました。

福井県立大学の教養ゼミとして1年生20名を対象に

「永平寺町学」というフィールドワークを取り入れた

地域学が行われています。

河合永平寺町長をかわきりに、様々な分野で活躍している

人たちを講師に招き、県立大学のある永平寺町という地域を

より深く知り理解しようというものです。

その中で「豊かな自然から見る永平寺町」という課題で

サクラマスレストレーションの安田代表が講師に

招かれました。

 

2017年11月1日(水)

運が良ければ永平寺川でサクラマスやサケの産卵行動が

見れるかも、ということで11月初旬で設定してもらい

ました。まず九頭竜川防災センターをお借りして

プロジェクターで説明をし、その後、鳴鹿大堰の魚道

観察室を見学しました。そして永平寺川を見に行くと

サクラマスとサケを発見!!

サクラマスが尾びれで河床を掘るところも見れて、

本当にラッキーでした。

 

17-11-1