福井市森田小学校で環境学習

2017年9月8日(金)

森田小学校5年生の総合的な学習の時間で環境学習が行われ、

県立大学の田原准教授と安田代表が講師に招かれました。

学校の目の前を九頭竜川が流れる森田小学校。地域の環境や

地域にすむ生き物について興味・関心を高め、環境をよりよく

していこうという意識を持つことがめあてです。

 

福井市となると、さすが子どもの数が多いですね〜。

5年生だけで127名(4クラス)だそうです。

半分に分かれて、1時間ごとに入れ替えで行いました。

17-9-8-1

 

安田代表は「水生生物の学習」。サクラマスだけではなく、

九頭竜川にすむ様々な生き物についてお話ししました。

17-9-8-2

 

田原先生は「九頭竜川の学習」。アラレガコを題材にして

上流から下流の九頭竜川の環境についてお話ししました。

17-9-8-3

 

子ども達にとって、近いけれど遠い九頭竜川。新幹線の工事も

目の当りにして、永平寺町や丸岡町の子ども達とは、また違った

感覚で毎日九頭竜川を見ていることでしょう。生き物に興味を

持って、九頭竜川により愛着を持ってもらえると嬉しいです。