サクラマスの「人工産卵場ユニット」と「簡易魚道」の設置

サクラマスの産卵の季節を前に、今年は九頭竜川支流の産卵場造成に加えて、県と漁協と共同で、
「人工産卵場ユニット」を設置したり、「簡易魚道」を設置したりと、盛り沢山の10月でした。
実際に製作したり設置する前には、図面を起こしたり、資材の買い出しに行ったりと、安田代表は
養魚場のお手伝いの合間をぬって大忙しでした。

2015年10月17日(土)
勝山市内の支流にサクラマス用の「人工産卵場ユニット」を設置しました。
内水面センターさんのお話によると、全国初の試みではないかということです。

15-10-17-1


15-10-17-3


15-10-17-2


15-10-17-4


15-10-17-6
サクラマスが安心して産卵できるようにユニットの周りにアシを
移植してやりました。芸が細かいですね〜。

15-10-17-5

みなさん、ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。



2015年10月4日(日)
ロゼさんの駐車場をお借りして、「簡易魚道」を製作しました。
今回も大工さんのリョウちゃんとヨシくんには、道具を持って来てもらったり
いろいろ教えてもらって大変お世話になりました。滋賀県、岐阜県の遠方から、
九頭竜川のために、ありがとうございました。
参加して下さったみなさんも、本当にお疲れ様でした。

15-10-4-2


15-10-4-1


15-10-4-4


15-10-4-3


2015年10月18日(日)
九頭竜川の支流で「簡易魚道」の設置を行いました。アプローチも悪く、資材を
下ろすのも一苦労。流れの中での作業で困難極まりなかったですが、その道に
長けた方や、器用な方や、力持ちが集まって、お陰様でなんとか日が暮れるまでに
完了することができました。
静岡をはじめ遠方より、九頭竜川のために足を運んでいただきました。
本当にありがとうございます。

15-10-18-1


15-10-18-2


15-10-18-3


15-10-18-4


15-10-18-5


15-10-18-6

サクラマスが産卵のためにこの魚道を上ってくれることを願うばかりですね。
今回、製作や設置ともに初めての試みでしたので、またいろいろと改善を重ねて
次に繋げていけたらと思います。