永平寺川下流で サケの卵を救出しました

 2009年12月8日、永平寺川の下流で、サケの卵の救出を行いました。福井の冬とは思えないほど暖かく良いお天気・・・。もしかしたら今日は、安田さんは来ないのではないかと心配になったほどです。
 朝10時に法寺岡(ほうじおか)橋に集合。岐阜からは斉藤彰一さん達4名。愛知からは齊藤明さん達3名。九頭竜川中部漁協の岩本組合長さん1名、福井県の水産課と内水面総合センターから3名、NHKの本道さんと吉野さん、安田さんと中村さんと私。
 県の研究員の方々に加え、岐阜の斉藤さんは『石徹白川 在来渓魚を殖やす会(C&R)』(1997年−2003年)の代表として活動をされてきた方で、大変心強い皆さんが駆けつけて下さいました。

09-12-8-8

 
 「何かあったら知らせてね!」と言われている新聞記者さん達には、お知らせしようか迷いました。恐らく県内でもこういうことは初めてでしょうから、喜んで取材に来てくれるのでしょうけど・・・。サクラマスなら全然良いのですが、今回はサケ・・・。サケと言えば九頭竜川資料館が、人工授精や稚魚の飼育など、子ども達の環境学習に取り組んできており、地域では、サケ=永平寺川=九頭竜川資料館というイメージが定着しています。私達がサケで目立つことは差し出がましい気がしたので、今回は広報なしで静かに行うことにしました。といっても、NHKの本道さんは別です。本道さんは永平寺川の一部ですから。

 下流から上流へと・・・法寺岡橋をくぐり国道416号線まで、お昼を挟んで4時近くになるまで、産卵床を堀り続けました。距離にして400メートルほど。しかし、明らかに川床を叩いた跡でも何も見つからなかったり、見つかっても卵の数が非常に少ないのです。死んでしまって白くなっているものも多く見つかりました。結局、卵が少しでも見つかった産卵床は、合計で7つしかありませんでした。あんなに沢山のサケが産卵していたのに・・・本当なら3000〜5000粒の卵が、1尾のメスから産み落とされているはずです。
少ない原因は・・・
◎ ウグイを主とした天敵が、卵を食べてしまった。
◎ サケの数に対して適した産卵場が少な過ぎる。
   後から来たサケが産卵床を再び掘り起こし、前の卵が流されてしまった。(重複産卵)
◎ 水通しの悪い場所は、極端に死卵が多い。

↓ 漁協さんが看板を貸してくれました 
09-12-8-1


↓ 土木事務所風に書いてみました 念のためサクラマスの許可も取っています
09-12-8-2


↓ 一番下流の産卵床から 発眼卵に交じって孵化した仔魚が見つかりました!!
09-12-8-9


↓ 石積みとブロックの護岸壁 国土交通省と県の管理区間の境目になります
09-12-8-3
 

↓ アンリミテッドの時から 何かと応援してくれている松山さんも来てくれました
09-12-8-4


↓ 組合長さんも臨時総会開催前のお忙しい最中 ありがとうございます
09-12-8-5


↓ 国道416号線の橋の下 この辺りは流れも遅く 水質も悪いです
09-12-8-6


↓ 近所の人達が次々と集まって来て 川をのぞいていました 
皆さんとっても好意的に 私たちの様子を見守ってくれていました
中には5日前のNHKの番組を見て レストレーションのことをを良くご存じの方も!!
「サケの卵が助かるんだね」と 嬉しそうに笑う近所の女の子が印象的でした
09-12-8-7


 川から上がると、大急ぎで県の方達が内水面総合センターまで、卵をガーゼに挟んで搬送して下さいました。私達も片づけを終え、センターへと向います。すでに閉館しているセンターの裏口から入り、薄暗いロビーで待っていると、何だか病院へ時間外の面会に来たような気分になってきました。やがて奥から手術を終えたばかりの担当医が・・・ではなく、飼育の研究員の方が出て来て下さって、私たちを飼育室の中へ案内してくれました。結局、死卵を取り除くと、300粒ほどしか残らなかったということです。

 安田さんが、川で見つけた仔魚をペットボトルに入れて、自分で持って来ていました。研究員の方に「こちらも一緒にお願いできますか」と渡すと、「あぁ、もう1匹いてましたよ」って・・・。何と搬送中に、車の中でもう1匹が孵化したようなのです!!齊藤笑子さんが、「卵を採った時、中でクルクル回っている」のを確認していて、どうやらその子に間違いなさそうです。サケの子も、車の中で生まれることがあるんですね!!卵が思った以上に少なくて、皆ちょっと肩を落とし気味でしたが、その場のムードを明るくしてくれた仔魚でした。

 今回のサケの卵の救出は、数こそ少なかったのですが、本当に多くのことを私達に教えてくれたと思います。翌日、私は一番に九頭竜川資料館へ電話を入れました。加藤館長さんに、「資料館がされていることは、永平寺川にとって、とても大切な事だということがよく分かりました」と、お伝えしました。現在、九頭竜川資料館では、永平寺川で漁協が特別採捕したサケの親魚から人工授精を行い、3000尾の仔魚が順調に育っています。

09-12-8-10


↓ 福井県内水面総合センターの飼育室です お世話になります
09-12-8-11


09-12-8-12