アユのマーキングと調査

九頭竜川は、アユ釣りも、メーカーや新聞社主催の大きな大会が次々と開催され
沢山の方に訪れていただき盛り上がっているようで何よりです。
九頭竜川中部漁協さんは、天然遡上のアユを増やすために、調査なども積極的に
行っており、私たちサクラマスレストレーションも、微力ながらお手伝いを
させていただいています。
今年は5月31日(日)に、恒例の放流アユのアブラビレ切りによるマーキングを
福井県内水面センターで行いました。約6000尾のアユに次々とマーキングが
施されていきます。
15-5-31-1


15-5-31-2
今年も県立大学海洋生物資源学部の学生さんが参加してくれました。

また7月16日(木)は、内水面センターでアユの鱗数などから、由来を
判定する作業にも参加しました。

みなさん、ご協力ありがとうございました。