福井県立大学 九頭竜川プロジェクト・シンポジウムが開催されました。

2014年11月8日(土)
今年も、福井県立大学 九頭竜川プロジェクト・シンポジウムが開催されました。
今年のテーマは「食文化」ですが、すべての人たちの共通項である「食」を
通して、「河川環境への意識を高めよう」というのがねらいです。

今回は永平寺町が共催になって下さいました。

(写真はクリックすると大きい画像がご覧になれます)

14-11-8-1


安田代表は、1部パネルディスカッションのコーディネーターを
私は2部全体のコーディネーターをさせていただきました。

配布用の資料づくりも私の大切な仕事です。
今回は、かなり気合いを入れて作りました。
今後、私達や私達と連携している人達が、進もうとしている方向を
説明しています。とうとうここまで来たのです。
是非、画像をクリックして、読んでみて下さい。

14-11-8-2 


14-11-8-3


14-11-8-4

まずは福井県立大学の下谷学長のご挨拶から始まりました。
14-11-8-5

14-11-8-6

14-11-8-16

1部が行われている間、私たちは食堂で2部の準備です。
14-11-8-7

さぎり屋さんが『アラレガコの甘露煮』を作ってきてくれました。
14-11-8-8

14-11-8-9

『サクラマスの葉っぱ寿司』はハンドメイド風さんです。
14-11-8-10

奥越漁協の新井組合長さんが、『アジメドジョウのなれ寿司』を
差し入れして下さいました。

14-11-8-11

永平寺町の河合町長がご挨拶です。
14-11-8-12

大盛況のうちに終わりました。
ご参加いただいた皆さん、お忙しい中、ありがとうございました。
サクラマスレストレーションの仲間も12名参加してくれました。
遠路遥々本当にありがとうございました。
14-11-8-15

翌日の福井新聞の記事 とても大きなスペースを割いていただきました。
14-11-8-13

毎日新聞社さんもありがとうございます。
14-11-8-14


本当に準備が大変でしたが、関わって下さった皆さん、日頃から
親しくさせていただいていることもあって、いろいろと助けて
下さって、何とか無事に終了することができました。
心より感謝いたします。