イラストマーを施したサクラマス幼魚が5400尾放流されました

2013年11月12日(火)

今年も九頭竜川産サクラマスの幼魚が5400尾、五松橋下流で放流されました。地元の幼稚園児56人も参加。すっかり永平寺町で定着した掛け声「大きくなって帰ってきてね!」。小雨が降る中、みんな大きな声を掛けてくれていました。幼稚園児は年長さんで、春と秋の放流会に分かれて、永平寺町内すべての幼児園が参加する毎年恒例の行事となっています。

今回のサクラマス幼魚には、すべて緑色のイラストマーが目の後ろに施されいます。くわしくは、10月20日に行われたイラストマーの記事を参照してください。

13-11-12-1

13-11-12-2

13-11-12-3