志比南小学校 志比北小学校 サクラマスの観察会を行いました

2013年10月22日(火)
志比北小学校、松岡小学校に引き続き志比南小学校へ環境学習に行ってきました。小学校5年生23人、川崎和恵先生のクラスです。今回は特に永平寺川を取り巻く環境とサクラマスに焦点を絞り、自分たちの生活に結びつけて考えるところまで持っていきたいということで、5年生にもなると環境学習もずいぶん高度になっていきます。

13-11-5-1


11月5日(火)
教室での学習を踏まえた上で、実際に永平寺川へサクラマスやサケの遡上を見に行きました。
13-11-5-2

大きなサケがペアリング中で、子供たちから驚きの声が上がります!!
13-11-5-3

お天気も良く、暑くもなく寒くもなく、風も強くなく、最高の観察日和。
13-11-5-4

永平寺からは、高山さんが参加して下さいました。高山さんは、毎月発行される「傘松」という小冊子の担当をされていてます。この時のサクラマスやサケの写真も掲載されるとのこと。楽しみですね。写真をいただきましたので、後日アップしたいと思います。素晴らしい写真ですので、お楽しみに!!
13-11-5-5




午後は、7月に環境学習を行った志比北小学校の4年生9人と上流の吉峰川で観察会です。吉峰川でも地元の人たちが会を立ち上げたらしく、テレビ局や新聞社が沢山来ていて驚きました。
13-11-5-6


レストレーションが産卵場を造った場所には、まるで子供たちを待っていたみたいにメスのサクラマスが川床を掘っていました。オスは小さなヤマメです。
13-11-5-8

数日前に、レストレーションの仲間の高橋さんが撮影した産卵の瞬間の写真を見てもらいました。
13-11-5-7

永平寺川のサケも見てもらおうということになり、急遽、永平寺川へ移動です。
13-11-5-9

陽も落ち始めていましたが、大きなサケのペアにも出会うことができました。
13-11-5-10


子供たちが驚いたり喜んだりする顔がたくさん見れて本当によかったです。
今日心の中に刻まれた命の姿。大人になってからも忘れないで欲しいと思います。