キッズエコラボ 森〜海へのつながり

2011年11月5日(土)
鯖江市環境教育支援センター「エコネットさばえ」さんの主催するキッズエコラボは、小学3年生から6年生まで20名の子供たちが参加し、4回にわたって環境学習や自然体験学習を行います。その3回目は、鳴鹿大堰にある九頭竜川流域防災センターで行われ、私たちが講師として招かれました。

最初に剥製や模型、紙芝居を使ってサクラマスのお話をしました。
11-11-5-1



次に写真や動画を見てもらい、上流の石徹白の子供たちやイワナのお話などをしました。
11-11-5-2


11-11-5-3

みんな自然や環境に関心のある子供たちとあって、本当に熱心に聞いてくれました。

エコネットさばえの井上さんは、永平寺川の魚道の設計者でもあり、このあと子供たちは魚道を遡上するサケを観察に行きました。サクラマスやサケのこと、いつまでも忘れないでいて欲しいな〜。