志比南小学校に行ってきました

 2009年10月27日 紙芝居の新『ヤマちゃんとサクラちゃん(全15枚)』初のお披露目は、志比南小学校の3年生と4年生です。道場校長先生はじめ先生方には、レストレーションの活動にご理解いただき感謝を致しております。「永平寺川のことは知らなかったことばっかりで、今回のことがキッカケで子ども達も関心を持ってくれるようになるといいですね」と、お話しされていました。
 永平寺川は、小学校の真横を流れています。中流域で山が近くまで迫っており、夏でも沢の冷たい水が流れ込んできます。護岸工事はされていますが、川床には部分的に大きな岩が残されています。ここまでサクラマスが遡上できるようになれば・・・そんな願いを込めて、子どもたちにお話をしました。
 野坂さんとふたりでこっそり行う予定でしたが、安田さんと中村さん、NHKの本道さんと吉野さん、役場の環境課の方も来ていただいて、ちょっと緊張しました。子どもたちは、元気いっぱい、内容の濃い質問も沢山してくれて楽しかったです。
 終わってから、道場校長先生に、「神様が出てきたところが特に良かった」と誉められて、うれしく思いました。ヤマメの銀毛化は、神様の存在以外、私には説明ができないものです。子供たちが自然を感じることは、神様を感じること・・・私はそう思っています。

09-10-27-1


09-10-27-3


09-10-27-4

09-10-27-5

09-10-27-6