2012  石徹白川で産卵場づくりのお手伝い

今年も斉藤彰一さんのお声掛けで石徹白に、産卵場を造るお手伝いに行ってきました。これまでの経緯については、当ブログの『産卵場の造成』 のカテゴリーをご覧ください。

2012年9月16日(日)
まずは毎年参加している釣り人たちで作業をします。

人工河川に着くと、さっそくイワナの稚魚たちがお出迎えしてくれました。昨年造った産卵場で産まれた稚魚たちですが、ちょっと過密だったので、つかまえて本流に引越しさせてやりました。
12-9-16-1


私たちレストレーションの無二の仲間でもあるNHKの本道カメラマンが、なんと岐阜県に転勤となりました〜。長年追いかけてくれた九頭竜川の取材はしばらくお休み。今度は岐阜県!!源流の取材に力が入ります。九頭竜川は、源流の中でもこの石徹白川だけが、福井県から岐阜県にまたがります。石徹白川は、九頭竜川にとって「格別の支流」なのです。
12-9-16-2

石徹白川に精通した仲間同志、作業も息ピッタリですね!!
12-9-16-3


12-9-16-4


12-9-16-5


2012年9月22日(土)
この日は石徹白地区地域づくり協議会、岐阜大学の学生さんが、産卵場造成の作業体験をされました。
最初に石徹白漁協組合長の石徹白さん、斉藤さんから説明を受けます。
12-9-22-1


12-9-22-2

お昼は漁協の方達がバーベキューを用意してくださいました。お腹いっぱいいただきました。
12-9-22-3

地域&漁協&釣り人たち・・・・・素晴らしいネットワークが広がっています!!
12-9-22-5

できあがった産卵場。この透明感!!イワナが遊びに来てるの、わかりますか〜?
12-9-22-4