今年もアユのイラストマーを行いました

2012年6月24日(日) 今年も九頭竜川中部漁協の依頼を受けて、アユを標識放流するためのイラストマー(蛍光樹脂注入)」を行いました。埼玉、静岡、愛知、京都、岐阜、滋賀、石川から、駆けつけて下さった皆さん、ご協力ありがとうございます。
 内水面総合センターさんにも、大変お世話になりました。お陰様で、快適な環境で作業をすることができました。

最初に注射器の準備をします。今年のアユのマーカー色はピンクです。
12-6-24-1


アユが池からポンプで汲み上げられて、ホースで自動的に送られてきます。
12-6-24-2

ホースの中で、アユはみんな真面目に上流に向って泳いでいました。
12-6-24-3

この後、アユは麻酔の入った水槽へ少しづつ移し替えられます。12-6-24-4

わんこそば形式でアユが配られます。12-6-24-5

右目の後に皮下注射します。
12-6-24-6

クリックして、もう少し大きな写真で確認してみてください。
12-6-24-7

10尾づつ終わった人は手をあげて記録係さんに報告します。
12-6-24-8

皆さん、猛スピードです。安田さんは、特にスゴイ!!
12-6-24-9

絶妙なる連携プレーで、約2時間半で、5750尾のアユに施すことができました。
このアユは6月中に九頭竜川に放流される予定で、情報収集のために漁協が新聞に告知を掲載するそうです。
有効な情報が沢山集まるといいですね。

皆さん、本当にお疲れ様でした。