どうちがうのかな?サケとサクラマス 稚魚観察会と放流を行います

 NHK金とく「川へおいでよ〜九頭竜川物語〜」。子ども達も大人達も、そして魚達も、みんな笑顔で幸せそうでしたね〜。やっぱり みんな川が大好きなんだ、子ども達を川から切り離してはいけないんだ、って思いました。子ども達の「川の記憶」は、故郷への思いそのものなんですよね。
 本道さん、三木さん、NHKスタッフの皆さん、ステキな番組をありがとうございました!!

 さて次のような集まりを企画していますので、お気軽にお立ち寄りください。観察会の後は放流も予定しています。
(クリックすると大きい画像で見ることができます)
12-3-11

 サケはこのブログにも記載したように、卵の時に永平寺川で救出し、内水面総合センターで育てていただいているものです。みんなスクスク育っていますよ〜。
 サクラマスはNHKの番組にも取り上げられていたように、「釣り人の捕獲」による親魚から生まれた稚魚です。発眼卵の時に300粒ほどを、永平寺中学校の上田嘉彦先生にお預けして育てていただいています。こちらも順調に育っていますよ〜。

 永平寺中学校の上田嘉彦先生による飼育ブログです。
http://ameblo.jp/sakura-riv/

このようなお手紙を水槽に貼っていただいています。
12-3-11-1