救出したサケ稚魚たちが元気に泳いでいます

 2009年、2010年と永平寺川の下流で、町が融雪の取水口付近の浚渫工事をする前に、サケの卵を救出する作業をレストレーションが行ってきました。2011年、私たちは永平寺川から手を引きましたが、きっと地元の会の方たちが率先して行ってくれるものと思っていました。ところが、永平寺役場の建設課から電話があり、「どうしても今年もレストレーションで行って欲しい。地元の会の人たちは、そういうことは行わないと言っているので・・・」と強く依頼されました。
 建設課の話では、浚渫のスケジュールの関係で、11月中に行って欲しいとのこと。例年よりも早いためまず心配したのは、卵が発眼しているかどうかということでした。産卵してから発眼するまでに非常にデリケートな時期があり、卵を動かしたり光に当てたりするとすぐに死んでしまいます。しかしどちらにしても、浚渫で重機が入れば卵は死んでしまいますから、わずかでも助かる命があればと、実行することに決めました。

 あまりにも急な話で、11月最後の週末までに1週間を切っていました。安田さんは仲間の皆さんに連絡をとり、私は県の水産課に電話して大急ぎで「特別採捕」の許可を取る手続きをし、内水面総合センターへも飼育のお願いをしました。いつもながらに、県の鉾碕さん、センターの松崎所長さんはじめ関係者の皆さんが、快く協力して下さって本当にありがたかったです。

 九頭竜川中部漁協の岩本組合長さんは、手作りの昼食を用意してくださいました。また九頭竜川流域防災センター、ドラゴンリバー交流会の皆さんにもお世話になりました。


2011年11月27日(日) 
急な話にもかかわらず、15人(+1+ワン)の皆さんが集まってくれました!!
寒い中、一日仕事になってしまいましたね。本当にありがとうごいざます。
 
11-11-27-1


11-11-27-2


毎回参加していただける方も多く、慣れた手つきで作業は進んでいきました。

11-11-27-3



11-11-27-4


福井県内水面総合センターさんで今回も飼育していただきます。

11-11-27-5


2012年1月9日(月)
すっかり浮上し、200匹ほどのサケ稚魚が元気に泳いでいました!!

12-12-9


放流できる日まで、時々顔を見に行きたいと思っています。今年は別のところでサクラマスの飼育も行ってもらっているので、子どもたちと、「サケとサクラマスの比較観察会」なんていうのが開催できると良いですね!!