サケ旅立のつどいで一緒に放流しました

2011年3月5日(土)九頭竜川流域防災センター(九頭竜川資料館)にて、NPO法人ドラゴンリバー交流会主催で「サケ旅立のつどい」が行われました。里親になった小学校の皆さんと一緒に、私たちが救出したサケも一緒に放流しました。

国土交通省側の事情で、今年が最後となったこの催し。本当に沢山の子ども達が今までサケを通して、自然環境の多くのことを学んできました。ここまで築き上げてこられた加藤館長さんはじめスタッフの皆さんに、心から敬意を表したいと思います。なくなってしまうのは大変もったいないですよね。私達が何かの形で、引き継ぐことができれば良いのですが・・・。

11-3-5-1
 


11-3-5-2


11-3-5-3


11-3-5-4



私達が救出した卵は内水面総合センターで育ててもらいましたので、同じ永平寺川産でも他のどの学校の稚魚よりも大きく育っていました。志比南小学校の皆さんに、私達の稚魚も放流してもらいました。

11-3-5-5


11-3-5-6


本道さんって、やっぱりすごいんです。

11-3-5-7


一部は内水面総合センターの展示用水槽に残していただきました。私達の紹介もしていただき、ありがとうございます。

11-3-5-8


11-3-5-9