県立大学の田原先生と合同調査を行いました

2011年11月3日(木) 福井県立大学 海洋生物資源学部 田原大輔先生と合同で、九頭竜川のJR下流から鳴鹿大堰の上流にかけて、棲息する魚の調査を行いました。

田原先生、学生さん達の電気ショッカーによる調査
11-11-3-1



11-11-3-2

11-11-3-3

アジメドジョウもいました!!
11-11-3-4

カジカが沢山いました!!
11-11-3-5

鳴鹿大堰上流の分流にて、ヤマメを見つけました。やはり、本流の分流はサクラマスやヤマメにとって支流の役割を果たしてくれているようです。