石徹白川のイワナ稚魚と子ども達

  昨年10月、石徹白川に造られた人工河川で、渓流魚のための産卵場造成のお手伝いをしましたが、その場所でイワナの稚魚が沢山確認されています!!
 昨年のくわしい内容はこちらをご覧下さい→ 石徹白川の人工河川で産卵場造成のお手伝い 

 石徹白川の近くの石徹白小学校には、なんと子ども達がフライで渓流釣りを学ぶ 『釣りクラブ』があるんですよ。斉藤彰一さんに誘われて、一昨年より安田龍司さんも、その『釣りクラブ』の先生を務めています。

2011年6月15日
子ども達にイワナの稚魚を見せよう!! 斉藤さん人工河川で奮闘中。
11-6-15-1


「子ども達のためなら、ちょっとだけ捕まっておくか・・・」 2.5cm〜4cmの稚魚。11-6-15-3

11-6-15-2


さっそく支流の峠川で 『釣りクラブ』の子ども達と観察会開始!!「かわいいね〜」
11-6-15-4



2011年6月30日
今日はみんなで、人工河川までやってきました。 「あ、いたいた!!」
11-6-30-1

安田さんが釣った30cm程の大人のイワナ。こんな風に大きく育って欲しいですね。
11-6-30-2


石徹白川は、支流の峠川におけるキャッチ&リリース区間の成果が実り、本当に美しい魚たちで溢れています。