今年もサクラマスの「産卵床ユニット」と「簡易魚道」の設置を行いました。

福井県、内水面総合センター、漁協との協働で、昨年に引き続き

今年もサクラマスが遡上してくる支流に「産卵床ユニット」と

「簡易魚道」の設置作業を行いました。今年も県内外から

フライフィッシャーのお仲間が大勢駆けつけて下さいました。

回を重ねるごとに皆さんだんだん手慣れた感じになってきて、

作業も素早くはかどりました。本当にありがとうございます。

 

2017年10月8日(日)

レストレーション主力メンバーによって、簡易魚道のパーツが

着々と作られててられていきます。大工さんの良ちゃんが今年も

いてくれて心強いです。にわか大工さんも増えてきました。

17-10-8

 

 

2017年10月14日(土)

この日は支流で「産卵床ユニット」を設置しました。

昨年は成果を確認できましたから、今年も楽しみですね。

17-10-14-1

 

 

17-10-14-2

 

 

17-10-14-3

 

 

17-10-14-6

 

 

17-10-14-5

 

 

 

2017年10月15日(日)

続いて「簡易魚道」の設置を支流で行いました。

今年も改良を加えましたので、良い結果が得られるといいですね。

NHKの本道カメラマンも、2日間とも取材に来て下さいました。

ありがとうございます。

17-10-15-1

 

 

17-10-15-2

 

 

17-10-15-3

 

 

17-10-15-5

 

 

17-10-15-4

 

皆さん、小雨降る肌寒い中、本当にお疲れさまでした!!


今年もサクラマスの「産卵床ユニット」と「簡易魚道」の設置を行いました。

福井県内水面総合センター、九頭竜川中部漁協、サクラマスレストレーションの協働

により、昨年に続き今年も、サクラマスが遡上してくる支流に「産卵床ユニット」と

「簡易魚道」の設置作業を行いました。今年も県外遠くから、フライフィッシャーの

お仲間が大勢駆けつけて下さいました。本当にありがとうございます。

お陰様で無事に作業が終了しました。皆さんお疲れ様でした〜。

 

2016年10月2日(日)

この日は、昨年のパーツを利用して「簡易魚道」の製作を行いました。

大工さんのリョウちゃんとヨシくんが、今年も来てくれたので安心でした。

リョウちゃんは滋賀県、ヨシくんは岐阜県の大工さんです。

昨年の反省をふまえて、皆で話し合いながら改良を行いました。

 

16-10-2-1

 

 

16-10-2-2

 

 

2016年10月8日(土)

朝方激しく雨が降り一時はどうなるかと思いましたが、無事に「産卵床ユニット」を

設置することができました。相当な力仕事でしたが、皆さん頑張ってくれました。

全国でも稀な試みです。サクラマスの自然産卵に有効であることを期待します。

 

16-10-8-1

 

 

16-10-8-2

 

 

16-10-8-3

 

 

16-10-8-4

 

 

 

2016年10月9日(日)

この日は「簡易魚道の設置」を行う予定でしたが、前日の夜から朝方にかけて雨が

予想以上に降ったため、川が濁流となっていて作業を断念せざるおえませんでした。

せっかく貴重なお休みに来ていただいたのに残念でした。展示が新しくなった

内水面総合センターや育成中のサクラマスの池の見学会をしました。

 

16-10-9

 

 

2016年10月16日(日)

1週間延期して「簡易魚道の設置」を行うことができました。

遠方より再び集まっていただいたり、新たに来いただいたりで、とても助かりました。

昨年の設置は、実際に行ってみるといろいろと難航し、陽が暮れる直前まで作業を

して何とか間に合いましたが、今年は、スムーズに行うことができました。

今回はFBCさんとNHKさんも、取材に来て下さいました。

 

16-10-16-1

 

 

16-10-16-3

 

 

16-10-16-4

 

 

16-10-16-5

 

 

 

(番外編)

何と〜〜〜われらが本道カメラマンが、九頭竜川に帰って来てくれましたよ!!

なんだかこのシーン、懐かしいな〜。

16-10-16-2

 

そして、さっそく番組放送のお知らせです!! はやッ。

 

2016年10月18日(火)

NHK福井放送局

ニュースザウルスふくい 18:10〜19:00の間のどこか

 

過去の活動も少し振り返りながら、今日の様子が放送されるそうです。

楽しみですね!!

 


2016 今年も石徹白川で産卵場づくり

 石徹白川C&Rネットワークの斉藤彰一さん達が、渓魚の自然産卵のために

約200mの人工河川を漁協の人たちと造ったのが、2010年の秋のこと。

安田代表や仲間のみんなで、すぐに整備に駆けつけ、その年には人工産卵場に

仕上げ、さっそく多くのイワナ達が繁殖するようになりました。

それはとても画期的なことでした。今でも多くのイワナ達が棲んでいます。

 

2016年9月25日(日)

今年も人工産場をつくるお手伝いに行って来ました。

ジャパン・フライフィッシャーズ(JFF)

ビーバーポンド・フライフィシャーズ(BPFF)のメンバーの皆さんも

お手伝いに駆けつけて下さいました。

 

16-9-25-1

 

16-9-25-2

 

16-9-25-3

 

16-9-25-4

 

16-9-25-5

 

何度かNHKの全国放送でも紹介されたこの取り組み。

本道さん、今年はカメラを置いての参加ですね〜。

 


サクラマスの「人工産卵場ユニット」と「簡易魚道」の設置

サクラマスの産卵の季節を前に、今年は九頭竜川支流の産卵場造成に加えて、県と漁協と共同で、
「人工産卵場ユニット」を設置したり、「簡易魚道」を設置したりと、盛り沢山の10月でした。
実際に製作したり設置する前には、図面を起こしたり、資材の買い出しに行ったりと、安田代表は
養魚場のお手伝いの合間をぬって大忙しでした。

2015年10月17日(土)
勝山市内の支流にサクラマス用の「人工産卵場ユニット」を設置しました。
内水面センターさんのお話によると、全国初の試みではないかということです。

15-10-17-1


15-10-17-3


15-10-17-2


15-10-17-4


15-10-17-6
サクラマスが安心して産卵できるようにユニットの周りにアシを
移植してやりました。芸が細かいですね〜。

15-10-17-5

みなさん、ありがとうございました。本当にお疲れ様でした。



2015年10月4日(日)
ロゼさんの駐車場をお借りして、「簡易魚道」を製作しました。
今回も大工さんのリョウちゃんとヨシくんには、道具を持って来てもらったり
いろいろ教えてもらって大変お世話になりました。滋賀県、岐阜県の遠方から、
九頭竜川のために、ありがとうございました。
参加して下さったみなさんも、本当にお疲れ様でした。

15-10-4-2


15-10-4-1


15-10-4-4


15-10-4-3


2015年10月18日(日)
九頭竜川の支流で「簡易魚道」の設置を行いました。アプローチも悪く、資材を
下ろすのも一苦労。流れの中での作業で困難極まりなかったですが、その道に
長けた方や、器用な方や、力持ちが集まって、お陰様でなんとか日が暮れるまでに
完了することができました。
静岡をはじめ遠方より、九頭竜川のために足を運んでいただきました。
本当にありがとうございます。

15-10-18-1


15-10-18-2


15-10-18-3


15-10-18-4


15-10-18-5


15-10-18-6

サクラマスが産卵のためにこの魚道を上ってくれることを願うばかりですね。
今回、製作や設置ともに初めての試みでしたので、またいろいろと改善を重ねて
次に繋げていけたらと思います。

 

石徹白川『在来渓魚ワークショップ』 動画配信

石徹白Fisher’s Holiday!実行委員の大津浩さんよりお知らせをいただきました。
先日NHKで放送されました『在来渓魚ワークショップ』の人工産卵場造成の
番組が動画配信されています。是非ご覧下さい!!


NHKエコチャンネル   http://www.nhk.or.jp/eco-channel/

http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?did=D0013773386_00000
 

NHK放送のお知らせ。石徹白川「命をつなぐ川づくり」。是非ご覧下さい。

NHKの本道純一さんより、お知らせをいただきました。
皆さん、是非ご覧下さい!!
石徹白川は、九頭竜川の、とても貴重な大切な支流です。
==============================

放送のお知らせです。
今月開催された石徹白Fisher’s Holidayで行われた在来渓魚ワークショップ
多くの方が渓魚の産卵場づくりに参加されました。
石徹白で行われている「命をつなぐ川づくり」をお伝えします。
放送は、岐阜県内は24日の夕方6時30分から。...
東海北陸地方は、6月25日の(木)朝7時45分からです。


==============================
当日の様子を少し・・・(写真:中村圭一さん)

また、くわしくは、こちらで・・・
http://www.itoshiro.jp/2014-itoshiro-fh/2014home.html

15-6-6-1

15-6-6-2

15-6-6-3

15-6-6-4

15-6-6-5


 

今年も産卵場の造成を行いました

2014年10月18日(土)19日(日)の2日間
今年も、サクラマスの産卵場の造成を、いくつかの支流で行いました。
また本流でも、漁協のお手伝いでアユの産卵場を造成しました。
私の方は、お天気が素晴らしく良かったので一緒に川に行きたいのは山々でしたが
20日に福井県の「水産業のあり方検討会」があり意見をまとめたり、
11月8日には県立大学の「九頭竜川プロジェクト・シンポジウム」があり準備に追われ
本業の方もバタバタしていたので、今回は現地へ行くことができませんでした。
遠方からわざわざお越しいただき、皆さん本当にありがとうございました。

14-10-18-1


14-10-18-2


14-10-18-3


14-10-19-1


14-10-19-2


14-10-19-3

九頭竜川の支流で産卵場づくり

2013年10月13日(日) 珍しく晴れ

サクラマスの遡上を前に、九頭竜川の支流で産卵場の造成をしました。
清々しいお天気の中、何かと笑いの絶えない楽しい作業になりました。

13-10-13-1

 
13-10-13-2


13-10-13-3


流速計を駆使しながら、産卵しやすい流速になるように石を動かして微調整します。

13-10-13-4


皆さんお疲れさまでした〜。サクラマスもこの場所で今年は喜んで産卵してくれることでしょう!!
13-10-13-5

2013 石徹白川で産卵場づくりのお手伝い

2013年9月29日(日)

今年も斉藤彰一さんのお声掛けで石徹白川に集まり、イワナたちの産卵場を造成しました。

レストレーションの新型秘密兵器!!!流速計を操る安田代表。
産卵場づくりも、産卵しやすい流速になるように、石を動かして微調整をします。

13-9-29-1


人工河川は今年も大活躍してくれそうですね〜。
13-9-29-2


皆さん、お疲れ様でした。この様子はNHK岐阜から配信されます。
13-9-29-3


2012  石徹白川で産卵場づくりのお手伝い

今年も斉藤彰一さんのお声掛けで石徹白に、産卵場を造るお手伝いに行ってきました。これまでの経緯については、当ブログの『産卵場の造成』 のカテゴリーをご覧ください。

2012年9月16日(日)
まずは毎年参加している釣り人たちで作業をします。

人工河川に着くと、さっそくイワナの稚魚たちがお出迎えしてくれました。昨年造った産卵場で産まれた稚魚たちですが、ちょっと過密だったので、つかまえて本流に引越しさせてやりました。
12-9-16-1


私たちレストレーションの無二の仲間でもあるNHKの本道カメラマンが、なんと岐阜県に転勤となりました〜。長年追いかけてくれた九頭竜川の取材はしばらくお休み。今度は岐阜県!!源流の取材に力が入ります。九頭竜川は、源流の中でもこの石徹白川だけが、福井県から岐阜県にまたがります。石徹白川は、九頭竜川にとって「格別の支流」なのです。
12-9-16-2

石徹白川に精通した仲間同志、作業も息ピッタリですね!!
12-9-16-3


12-9-16-4


12-9-16-5


2012年9月22日(土)
この日は石徹白地区地域づくり協議会、岐阜大学の学生さんが、産卵場造成の作業体験をされました。
最初に石徹白漁協組合長の石徹白さん、斉藤さんから説明を受けます。
12-9-22-1


12-9-22-2

お昼は漁協の方達がバーベキューを用意してくださいました。お腹いっぱいいただきました。
12-9-22-3

地域&漁協&釣り人たち・・・・・素晴らしいネットワークが広がっています!!
12-9-22-5

できあがった産卵場。この透明感!!イワナが遊びに来てるの、わかりますか〜?
12-9-22-4


| 1/2PAGES | >>