今年もサクラマスの人工授精を行いました。

2017年11月10日(金)

福井県内水面総合センターでサクラマスの

人工授精が行われました。今年は展示水槽の

サクラマスの比較試験も兼ねており、

新聞やテレビの取材も入りました。

無事に成功してよかったですね。

 

17-11-10-1

 

クリックして大きな画像でお読みください。

17-11-10-2

 


ブログに上がらない活動

  こちらのブログはサクラマスレストレーションの

様々な活動の中でも、参加者の多い行事や作業を主に

記事に上げています。

 実はブログに上げ切れていない活動の方が遥かに

多いのです。特に日々の作業は多忙で、春にサクラ

マスの親魚を採捕し、人工授精、卵管理、給餌や水

槽、水温管理を含めた稚魚の育成などを継続して

行っています。また今年4月には、漁協の中間育成

施設も完成し、F1、F2の選別や移動、福井県内

漁協への出荷や放流などがあります。全て作業を

サクラマスレストレーションがサポートし、安田代表

がコーディネイトしています。

 事務局の私は、サクラマスや九頭竜川の河川環境

に関連する委員会などに出席しています。

現在行政から委嘱を受けているのは

「福井県内水面漁場管理委員会」

「永平寺町景観審議委員会」

「永平寺町環境審議委員会」

「永平寺町環境基本計画策定委員会」です。

 また先日は、福井県水産課、内水面総合センター、

九頭竜川中部漁協、クラマスレストレーションで

話し合う「福井県産サクラマス資源増大事業」の

打ち合わせにも、安田代表出席してきました。

この事業も試行錯誤しながら、もう10年になろう

としています。

 現場を動かすフライフィッシャーの皆さん、福井県

漁協の皆さんとは、年を追うごとに深い絆で結ばれ

ていくという気がしています。


福井県内水面総合センター サクラマス専用水槽が完成!!

2017年8月28日(月)

福井県内水面総合センターのサクラマス専用水槽が完成しました!!

サクラマス・レストレーションの安田代表も全面的に協力して、

準備を進めてきましたが、この日のお披露目式には、私も来賓として

呼んでいただき感無量でした。今年の春に九頭竜川で、サクラマスの

稚魚を放流した永平寺町内の子ども達も参加しました。

 

メディアも多く来ていただきました。テレビ局各社に加え、いつも

来ていただく地元新聞社の他に、共同通信社、毎日新聞社、産経新聞社の

記者さん達がお見えになり、安田代表も熱心な取材を受けていました。

 

最初に福井県農林水産部技幹の松崎雅之さんからご挨拶です。

松崎さんにはセンターにおられた頃も、とてもお世話になりました。

レストレーションも、楽しき良き時代でしたね〜。

17-8-28-1

 

この後、皆さんと除幕式をして水槽が顔を出しました。子ども達も

興味津々です。

 

今年親魚としてレストレーションが採捕したサクラマスは、すべて

元気でとてもきれいです。その中の一部が、すでにこの専用水槽に

入っています。

 

子ども達に間近でサクラマスを見てもらうために、1匹運んで

来ました。みんな目を丸くしています。

 

17-8-28-2

 

私から、川でのサクラマスの生活や、どうしてこのサクラマスが

ここにいるのか。とても大切に今まで見守ってきたことなどを

お話ししました。その後、こちらのサクラマスも水槽に放流

しました。

 

17-8-28-3

 

さっそく、みんなで覗いてみます。「あっ、いたいた〜」と

歓声があがります。

17-8-28-4

 

パネルの写真はレストレーションの仲間たちです。

親魚の提供やレストレーションの活動にも、いつも協力して

くれている皆さんです。フライラインがカッコいいですね〜。

17-8-28-5

 

そして側面には、あのレジェンドが!!!

17-8-28-6

 

このあと、レクチャールームで記念映画「サクラと竜之介」が

上映され、子ども達にはサクラマスグッズがプレゼントされて

いました。

 

九頭竜川の楽しみが、またひとつ増えましたね!!


今年も春のサクラマス稚魚放流会が行われました。

2017年4月24日(水)

今年も九頭竜川で、春のサクラマス稚魚の放流会が行われました。

 

素晴らしいお天気!!でも風が強くて、紙芝居が飛びそうになり

大変でした〜。子ども達はみんな真剣な表情で聞いてくれています。

「アブラビレ」は、今年も子ども達の印象に残ったみたいです。

先生の話によると、幼児園で、ちょうど鯉のぼりを作ったところで

その時、子ども達が「ヒレ」にとても関心を持っていたそうです。

17-4-24-1

 

 

そーっと、そーっと、大事そーに運んでくれました。

17-4-24-2

 

 

大きくなって帰って来てね。

17-4-24-3

 

 

ホースの放流はいつも人気です!!

17-4-24-4

 

 

小さな「アブラビレ」分かったかな〜?

17-4-24-5

 

 

サクラマス稚魚は永平寺町の「えい坊館」でも観察できますよ!!

(6月からはアユの展示に変更予定)

17-4-24-6

 

次回は11月に秋の放流会が行われます。成長した姿が見れますね。

 


サクラマス放流会に福井市の園児達も参加しました!

2016年11月7日(月)

今年も九頭竜川で放流会が行われ、五松橋下流で約2000尾の

サクラマスの幼魚が放流されました。今年は毎回参加する永平寺町内の

園児に加えて、福井市内の九頭竜川沿岸の2つの幼稚園からも参加があり、

150人の子ども達で河原はにぎわっていました。

こうやって町外からも参加希望があるということは、サクラマスに対する

認識が広域に及んでいる成果だと思います。

 

最初に私から、いつものように紙芝居を使ってサクラマスの一生のお話を

しましたが、みんな真剣に聞いてくれました。特に「アブラビレ」の説明は

印象に残ったみたいで、子ども達がバケツに入った魚から、アブラビレを

いっしょうけんめい探している姿は、とても微笑ましたったです。

 

16-11-7-1

 

 

16-11-7-2

 

 

16-11-7-3

 

 

16-11-7-4

 

 

16-11-7-5

 

放流会がきっかけで、子ども達が九頭竜川に愛着を持ってくれるように

なったら嬉しいですね。

 

 

 


子ども達とサクラマスの稚魚放流

今年の春は、環境学習の一環として、サクラマスの稚魚を水槽で飼育していた
永平寺町の志比北小学校、志比小学校、坂井市の鳴鹿小学校の子ども達が、
九頭竜川の支流で、学習会や放流を行いました。
安田代表がサクラマスの発眼卵から飼育の助言をしたり、また放流の際には
場所選びから、できるだけ稚魚に負担をかけないように子ども達に教えたりと、
全面的に協力をさせていただきました。
今年は、飼育はとても順調で、学校全体で見守っていただいたようで、
本当に良かったです。


サクラマスの稚魚を放流すること・・・それは、子ども達と九頭竜川との
最初の「関わり」だと思っています。

16-4-15-3

2016年4月15日(金)
さてこの日は、恒例となった九頭竜川中部漁協による春の稚魚放流会。
永平寺町内の6つの幼児園、幼稚園の年長さん105人が参加して、
4.5cm〜5cm、1g程に成長したサクラマスの稚魚を
3900尾、九頭竜川に放流しました。
秋の放流会に参加する園児達も含めると、永平寺町内の年長さんは全員
サクラマス稚魚の放流会に参加することになります。

16-4-15-2


16-4-15-1


16-4-15-4


16-4-15-5


16-4-15-6


16-4-15-7

大きくなって、ふるさとの川に帰って来てほしいですね!!
 

命の輝き

写真の整理をしていたら、今月のはじめに安田代表が撮った
こんなにきれいなサクラマスの卵の写真がありました。
まさに、命の輝き。

多くの方達にご協力いただきながら、命を繋いできた
九頭竜川のサクラマス。
高価な宝石よりも大切で、価値ある一粒です。


15-11-3-2

今シーズン釣れたサクラマスから、先月、人工授精した卵です。
100%近くが無事に育っていますよ。素晴らしい!!
かわいい子ども達の手によって、九頭竜川の本流に放流されるのは、
来年の春と秋になります。

15-11-3-1



そしてこちらは、サクラマスの孫(F2)にあたる卵です。
来年になると、主に九頭竜川の支流に放流される予定です。
親のF1は池で育てられ、成長にも個体差があるからなのか
卵もいろんな色があって、とても面白いですね。
こちらもとても順調に育っていますよ。

15-11-3-3


 

恒例!! 秋のサクラマス幼魚放流会

2015年11月17日(火)
九頭竜川で、恒例のサクラマス幼魚の放流会が行われました。
どんよりとした曇り空でしたが、この季節にしてはとても温かかく
子ども達の元気な笑顔を沢山見ることができました。
春の稚魚放流会に引き続き、永平寺町内の幼稚園のすべての年長さんが
放流会に参加したことになります。

15-11-17-1


15-11-17-2


15-11-17-3


15-11-17-4


15-11-17-5


15-11-17-6


15-11-17-7

子ども達もサクラマスも元気いっぱい大きく育ちますように〜。


 

ありがとう、九頭竜川。

九頭竜川のサクラマス釣りが終了しました。皆さんお疲れ様です。
今年も沢山のドラマがありましたね。サクラマスとの出会いだけでなく
九頭竜川が見せてくれた風景、仲間と共に過ごした時間、掛け替えのない
ものとして、皆さんの心の中に刻まれたなら幸いです。
足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。
また親魚をご提供いただきました方々に、厚く御礼を申し上げます。
未来へと、できるだけ九頭竜川固有の遺伝子を残すために、今年は
55cm以上に限定してお願いしました。

安田龍司代表が、今シーズン釣った数々のサクラマスの中で、
約70cm、4kgは優に超えるとても立派なサクラマス。
鼻曲がりの素晴らしく体高のある美しいオスでした。
10人の仲間が一部始終を見守っていました。高橋さんと中村さんに
いただいた写真や動画は、臨場感にあふれています。
15-5-24-6

2015年5月24日(日)午後6時過ぎ
この日はどこからともなく仲間たちが集まって、安田さんのウェットの
釣りをしっかり見せてもらって勉強しようということになったそうです。

15-5-24-1

安田さんが川に入ってすぐに「九頭竜川劇場」が始まります。
15分間にも及び、サクラマスとの激しい攻防戦は繰り広げられました。
見ている方はハラハラドキドキだったようですが、当の安田さんは
言葉をみんなに返したり、ピースサインをしたりと余裕綽々。
途中「楽しいね〜」と叫んでいたのが印象的でした。

(以下の3枚は動画より切り取ったもの)
15-5-24-2


15-5-24-3


15-5-24-9

安田さん自らのネットにおさまると、拍手が沸き起こりました。
仲間たちは「デカッ」「デカッ」、「ナニコレ」「ナニコレ」の連発。
とても重たかったと思いますが、協力して内水面センターまで運んで
もらいました。ありがとうございました。
九頭竜川らしいサクラマスを残していくのに、オス親魚も大切です。

15-5-24-4

15-5-24-5

15-5-24-8


これがその時の安田龍司さんのウェットフライです。
針も安田さん開発によるもの。かえしは潰してありました。
ネットでサクラマスをすくった瞬間、針は外れたそうです。
神技としか思えないですね。
15-5-24-7


本当にいろいろある九頭竜川ですが、魚も人も生き生きしていて
嬉しいですね〜。

九頭竜川に感謝です!!

9ヶ月後、再びドラマは始まります。

恒例!! 春のサクラマス稚魚放流会

2015年4月22日(水)
今年も九頭竜川の五松橋下流にて、九頭竜川中部漁協による
サクラマス稚魚の放流会が行われました。
私も紙芝居を使って子ども達にサクラマスの物語をお話しするのに
今年もお手伝いに行ってきました。

今年から永平寺町内の幼稚園児だけでなく、福井市の九頭竜川の
近くに住む幼稚園の子ども達も参加。喜ばしい限りです。

15-4-22-1

15-4-22-2

15-4-22-3

15-4-22-4

15-4-22-5

今年はお話の中で、サクラマスが海で生活しているときの苦労話をしたせいか、
放流する時に「大きくなって帰ってきてね」の掛け声の他に「がんばって〜」という
カワイイ掛け声も聞こえてきました。微笑ましいですね〜。

 

| 1/4PAGES | >>