福井市の「里川」認定

 私の住む永平寺町。福井市に隣接しているこの町に、サクラマスや

サケが帰ってくるのは、奇跡のような話だ。水路と化した身近な故郷

の小さな川。そこに住む人達がどんな風に心を向けるかで、その川の

未来も変わってくると思う。

 

 平成十九年、サクラマスレストレーションが結成される前の年の

こと。私はすでに九頭竜川の保全活動を始めていたこともあって、

福井市の「里川づくり推進事業」の「里川づくり検討会」の委員に

選ばれた。福井市治水記念館の館長である平井博政先生は、私の

小学校の恩師であり、自然を愛する心を育んでくれた恩人でもある。

 平井先生も検討会の委員の依頼を受けていて、同じテーブルに

私を推薦して下さったのだ。

 検討会では、候補地の川の視察や、住民のプレゼンテーションが

行われ、委員の投票により福井市の里川として6ヶ所が認定された。

 

 そして今年、この里川の認定が拡大されることとなり、私も再び

検討会の6人の委員のひとりとして委嘱を受けた。(委員長・福井

大学工学部 野嶋慎二教授)そして前回選ばれなかった2ヶ所も含

めて、候補地の5ヶ所すべてが、福井市の里として認定される

こととなった。

 今回九年ぶりにこの検討会に参加させていただき、何が驚いたか

というと、自分に一番驚いた。前回とは全く違う視点で、川を見る 

ことができたからだ。活動も十数年と続けていくと、専門性が増し

ていき、こういったことに関する選別の目は厳しくなるのが常かも

知れないが、「こういう形もありだな」という柔軟な捉え方ができ

るようになった。それぞれの川の持つメッセージを、受け取る器が

大きくなったのだとしたら、我ながら嬉しいことだ。

 

 里川はその地域の湧水地も含め、かつては飲み水や炊事、洗濯と

いった生活用水として、また子ども達の格好の遊び場として、そこ

に住む人達にとってとても身近なものだった。私は子どもの頃、

福井市の新田塚に住んでいたが、家の近くには小さな川が流れてい

て、小鮒やオタマジャクシを捕まえて日が暮れるまで遊んだ。

 それから、知らない間に川には護岸が施され、田んぼの上には

農薬散布のヘリコプターが飛んだ。気がついたら生き物の姿は消え

ていた。それを知った時の喪失感を、私は今でも忘れない。空しい

現実だった。

 今回、里川の候補地として手を上げた人達は、かつて私のような

喪失感を味わった人達なのかも知れない。そのまま目をそむけるか、

それでも尚、身近な川に愛着を持ち続けるか。歴史や伝統を語り続け、

石積みを再生し、清掃を続け、花を植える。子ども達の遊びの場と

なり、ホタルがよみがえった里川もある。

 里川とは、そこに住む人達の「心のありよう」だと思った。


サクラマス放流会に福井市の園児達も参加しました!

2016年11月7日(月)

今年も九頭竜川で放流会が行われ、五松橋下流で約2000尾の

サクラマスの幼魚が放流されました。今年は毎回参加する永平寺町内の

園児に加えて、福井市内の九頭竜川沿岸の2つの幼稚園からも参加があり、

150人の子ども達で河原はにぎわっていました。

こうやって町外からも参加希望があるということは、サクラマスに対する

認識が広域に及んでいる成果だと思います。

 

最初に私から、いつものように紙芝居を使ってサクラマスの一生のお話を

しましたが、みんな真剣に聞いてくれました。特に「アブラビレ」の説明は

印象に残ったみたいで、子ども達がバケツに入った魚から、アブラビレを

いっしょうけんめい探している姿は、とても微笑ましたったです。

 

16-11-7-1

 

 

16-11-7-2

 

 

16-11-7-3

 

 

16-11-7-4

 

 

16-11-7-5

 

放流会がきっかけで、子ども達が九頭竜川に愛着を持ってくれるように

なったら嬉しいですね。

 

 

 


今年もサクラマスの「産卵床ユニット」と「簡易魚道」の設置を行いました。

福井県内水面総合センター、九頭竜川中部漁協、サクラマスレストレーションの協働

により、昨年に続き今年も、サクラマスが遡上してくる支流に「産卵床ユニット」と

「簡易魚道」の設置作業を行いました。今年も県外遠くから、フライフィッシャーの

お仲間が大勢駆けつけて下さいました。本当にありがとうございます。

お陰様で無事に作業が終了しました。皆さんお疲れ様でした〜。

 

2016年10月2日(日)

この日は、昨年のパーツを利用して「簡易魚道」の製作を行いました。

大工さんのリョウちゃんとヨシくんが、今年も来てくれたので安心でした。

リョウちゃんは滋賀県、ヨシくんは岐阜県の大工さんです。

昨年の反省をふまえて、皆で話し合いながら改良を行いました。

 

16-10-2-1

 

 

16-10-2-2

 

 

2016年10月8日(土)

朝方激しく雨が降り一時はどうなるかと思いましたが、無事に「産卵床ユニット」を

設置することができました。相当な力仕事でしたが、皆さん頑張ってくれました。

全国でも稀な試みです。サクラマスの自然産卵に有効であることを期待します。

 

16-10-8-1

 

 

16-10-8-2

 

 

16-10-8-3

 

 

16-10-8-4

 

 

 

2016年10月9日(日)

この日は「簡易魚道の設置」を行う予定でしたが、前日の夜から朝方にかけて雨が

予想以上に降ったため、川が濁流となっていて作業を断念せざるおえませんでした。

せっかく貴重なお休みに来ていただいたのに残念でした。展示が新しくなった

内水面総合センターや育成中のサクラマスの池の見学会をしました。

 

16-10-9

 

 

2016年10月16日(日)

1週間延期して「簡易魚道の設置」を行うことができました。

遠方より再び集まっていただいたり、新たに来いただいたりで、とても助かりました。

昨年の設置は、実際に行ってみるといろいろと難航し、陽が暮れる直前まで作業を

して何とか間に合いましたが、今年は、スムーズに行うことができました。

今回はFBCさんとNHKさんも、取材に来て下さいました。

 

16-10-16-1

 

 

16-10-16-3

 

 

16-10-16-4

 

 

16-10-16-5

 

 

 

(番外編)

何と〜〜〜われらが本道カメラマンが、九頭竜川に帰って来てくれましたよ!!

なんだかこのシーン、懐かしいな〜。

16-10-16-2

 

そして、さっそく番組放送のお知らせです!! はやッ。

 

2016年10月18日(火)

NHK福井放送局

ニュースザウルスふくい 18:10〜19:00の間のどこか

 

過去の活動も少し振り返りながら、今日の様子が放送されるそうです。

楽しみですね!!

 


2016 今年も石徹白川で産卵場づくり

 石徹白川C&Rネットワークの斉藤彰一さん達が、渓魚の自然産卵のために

約200mの人工河川を漁協の人たちと造ったのが、2010年の秋のこと。

安田代表や仲間のみんなで、すぐに整備に駆けつけ、その年には人工産卵場に

仕上げ、さっそく多くのイワナ達が繁殖するようになりました。

それはとても画期的なことでした。今でも多くのイワナ達が棲んでいます。

 

2016年9月25日(日)

今年も人工産場をつくるお手伝いに行って来ました。

ジャパン・フライフィッシャーズ(JFF)

ビーバーポンド・フライフィシャーズ(BPFF)のメンバーの皆さんも

お手伝いに駆けつけて下さいました。

 

16-9-25-1

 

16-9-25-2

 

16-9-25-3

 

16-9-25-4

 

16-9-25-5

 

何度かNHKの全国放送でも紹介されたこの取り組み。

本道さん、今年はカメラを置いての参加ですね〜。

 


魚野川 本流フライスクール

九頭竜川のサクラマス釣りもひと段落。お越しいただいた皆さま、
本当にありがとうございました。来年またはオフシーズン中の活動で
お会いできることを楽しみにしています。

さて安田代表は、今シーズンも(あまり釣りしないわりには)多くの
サクラマスを釣っていましたが、そのうち10尾を親魚として提供され
現在、福井県の内水面センターで元気にしているようです。
親魚として捕獲する際には、釣り方や取り込み方は勿論、釣る場所に
関しても、運ぶ時間や道のりを吟味し、サクラマスに、いかに負担が
かからないかをとことん追求しておられるようで、信頼する仲間と共に
年々その技や道具を進化させているようです。

そんな安田代表も、6月はフライのスクールが盛り沢山だそうです。

毎年行われている新潟県魚沼市のアングラーズベンチさんのスクールが
今年ももうすぐ開催されますのでご案内します。

日時:6月26日(日曜) AM9:30スタート
場所:魚野川堀之内 宇賀地橋下左岸
講師:安田龍司氏
※当日は現場にてリバーサイド・タイイングを行う予定でおります
又、前日6月25日(土曜)夜 PM6:30から「やまに」懇親会を行います
(要予約ですよ!)

http://bench036.exblog.jp/

こちらのサイト、魚野川の素晴らしい風景も楽しむことができますよ!!

 

今年も鮎の脂ビレを切りました。

2016年5月29日(日)
今年も、福井県内水面総合センターにて、九頭竜川中部漁協の鮎の脂ビレをカット
する作業に参加しました。
鮎の遡上データを集める目的で行っているもので、サクラマスレストレーションと
福井県立大学の海洋生物資源学部1年生のみなさんが、組合員の方たちと一緒に
約6000尾の稚鮎の脂ビレをカットしました。

学生さん達は初参加なので、まず安田代表から説明を受けます。
16-5-29-1

鮎が弱らないために急ピッチで行います。
16-5-29-2

レストレーションの仲間も、年々慣れてきて、チームワークも
なかなかのものです。皆さん、お疲れ様でした。
16-5-29-3

このマーキングされた鮎は、その後九頭竜川に放流されました。
鮎釣りさんによるデータも集めていますので、もし脂ビレのない
鮎を見かけましたら、漁協までご連絡願います。
尚、鮎は管内に95万尾を放流しています。鮎釣りの解禁は
今年は6月11日です!!楽しみですね。

九頭竜川クリーンアップ作戦!!

今年も九頭竜川でクリーンアップ作戦が行われました。
参加して下さった皆さん、ありがとうございました。

2016年4月24日(日)
福井市森田地区の皆さんによる、河川敷の清掃が行われ、約200名の
方たちが参加されました。

この活動は、森田公民館で毎年開催される『サクラマス・サミット』が
出発点になっているので、安田代表もご挨拶をさせてもらっています。
16-4-24-1
↑アラレガコがキャラクターだそうです。

16-4-24-2

16-4-24-3

川の中から鮎釣りのウェーダーを引き上げたりと、大物も
沢山回収されました。お疲れ様でした。



2016年5月15日(日)
この日は、九頭竜川中部漁協、NPO法人ドラゴンリバー交流会、
国土交通省、福井県、永平寺町が連携して、広範囲で行われました。

永平寺町内の3つの河川公園に分かれて集合しました。
こちらは松岡河川公園。五松橋の下に集合です。
16-5-15-1

私たちは、『幼稚園』の河原を集中的に行いました。
16-5-15-2

16-5-15-3

16-5-15-4

16-5-15-5

漁協やお役所の方たちの参加が目立ちました。永平寺町の町民清掃も
毎年行われ、その時には地域の皆さんも参加されると思います。
どちらにしても、清掃は何回行っても良いことなのですが、
清掃を行わなくてもいい九頭竜川になると、もっともっと良いですよね!!



 

子ども達とサクラマスの稚魚放流

今年の春は、環境学習の一環として、サクラマスの稚魚を水槽で飼育していた
永平寺町の志比北小学校、志比小学校、坂井市の鳴鹿小学校の子ども達が、
九頭竜川の支流で、学習会や放流を行いました。
安田代表がサクラマスの発眼卵から飼育の助言をしたり、また放流の際には
場所選びから、できるだけ稚魚に負担をかけないように子ども達に教えたりと、
全面的に協力をさせていただきました。
今年は、飼育はとても順調で、学校全体で見守っていただいたようで、
本当に良かったです。


サクラマスの稚魚を放流すること・・・それは、子ども達と九頭竜川との
最初の「関わり」だと思っています。

16-4-15-3

2016年4月15日(金)
さてこの日は、恒例となった九頭竜川中部漁協による春の稚魚放流会。
永平寺町内の6つの幼児園、幼稚園の年長さん105人が参加して、
4.5cm〜5cm、1g程に成長したサクラマスの稚魚を
3900尾、九頭竜川に放流しました。
秋の放流会に参加する園児達も含めると、永平寺町内の年長さんは全員
サクラマス稚魚の放流会に参加することになります。

16-4-15-2


16-4-15-1


16-4-15-4


16-4-15-5


16-4-15-6


16-4-15-7

大きくなって、ふるさとの川に帰って来てほしいですね!!
 

スクールが今年も無事に終了しました!!

今年で8回目となる『下澤孝司&安田龍司 九頭竜川 フライフィッシングスクール』が
無事に終了しました。全国津々浦々より55名のフライフィッシャーの皆様にご参加を
いただき、さわやかな青空のもと、和気藹々と楽しい時間が過ぎていきました。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。また、何かとお手伝いをして
下さった皆様、協賛品をご提供いただいた皆様に、心より御礼を申し上げます。

1日目
2016年4月9日(土) 
デモンストレーション

ご挨拶
16-4-9-1

手とり竿とり
16-4-9-2

仲良し
16-4-9-3

大げさ
16-4-9-4

やってみよ〜
16-4-9-5

見てください
16-4-9-6

はいここです
16-4-9-7

毛虫もいました
16-4-9-8


トーナメント

飛びます
16-4-9-9

飛びます
16-4-9-10


懇親会
サニーサイドに集合
16-4-9-11

活動報告 by 安田代表
16-4-9-12

トーナメント表彰
16-4-9-13

これはですね
16-4-9-14

できあがりました〜
16-4-9-15


2日目
2016年4月10日(日) 
少人数スクール

16-4-10-1


16-4-10-2


16-4-10-3


16-4-10-4

FFPの櫻井さんに今年もお世話になりました。
16-4-10-5

波戸場さん作のスイムマシーン今年も大活躍でした。
16-4-10-6

来年も皆様どうかよろしくお願い致します。
 

九頭竜川のゴミ拾い

ここのところ、お仲間の皆さんがサクラマスを次々と釣っていて
本当に喜ばしい限りです!!

さてお休みの日を利用して、恒例の「スクール前のプチゴミ拾い」を
して来ました。せっかく来ていただく皆さんに、気持ち良く過ごして
いただきたいので、毎年スクールの直前に会場付近を行っています。

スクールは、いよいよ今週末開催となりましたが、お天気は
良さそうですね!!桜の花吹雪が舞う中、楽しい時間が
過ごせると良いですね〜。

16-4-5-1


16-4-5-2


尚、九頭竜川の清掃は、次のように予定されています。
私たちも、できる限り参加したいと思います。

4月17日(日) ◆永平寺町の町民による一斉清掃 
         ◆森田公民館の九頭竜川クリーン作戦

5月15日(日) ◆九頭竜川中部漁協とドラゴンリバー交流会の河川清掃
         ◆勝山市、大野市の九頭竜川クリーン作戦

 

| 1/27PAGES | >>